3種類のデバイスのバッテリー寿命 2020-11-9

WS1およびWS1Proデバイスは、単3アルカリ電池と充電式電池の両方から電力を供給できます。 当社テストによると、VARTA産業用バッテリーの実績が良好だったため、これをお勧め致します。 充電式電池を使用する場合は、充電器で別途充電する必要がありますのでご注意ください。

GS1デバイスには、タイプC USBおよびDC5V / 12V充電器で再充電できる3000mAhリチウム電池が組み込まれています。

バッテリーの寿命は多くの要因によって影響を受ける可能性があります。

次の例は、デフォルトの同期およびサンプリング設定でテストされたものです。 WS1およびWS1Proは、VARTA産業用バッテリーでテストされています。

安定したネットワーク信号は、電力の節約にも役立ちます。 テストをした信号は-60dbmで安定したものでした。

参考までに、当社製品のさまざまなバッテリー寿命を以下に示します。

デバイスタイプ WS1 WS1 Pro (Wifi) WS1 Pro  (Wifi+SIM) GS1 (WiFi)  GS1 (WiFi+SIM)  GS1 (WiFi+RJ45)
バッテリー寿命 4~6ヶ月 8~12ヶ月 1~2ヶ月
4~6ヶ月 3~6週間
3~5日

 

バッテリーの寿命は、同期とサンプリング周波数に応じて変わります。

同期間隔が短いほど、バッテリーの寿命は短くなり、逆もまた同様です。

以下のスクリーンショットは、WS1のUbiBotプラットフォームのデフォルト設定です。

 

 

以下画面のは、WS1Proのプラットフォールのデフォルト設定です。

以下画面のは、GS1のプラットフォールのデフォルト設定です。