SALE!

土壌温湿度センサー

¥7,500 ¥6,800

  • RHとAHの切り替え
  • 耐電解性
  • WS1ProとGS1デバイスをペアリングします
  • 正確で高速なデータ収集
  • ステンレス鋼プローブ
クリア
商品コード: SOIL TEMPERATURE AND MOISTURE SENSOR 商品カテゴリー: ,

説明

このプローブは、土壌の温度と湿度の監視を専門としています。 工業用チップが埋め込まれたプローブは、正確な測定を提供します。 ステンレス製のプローブは、腐食することなく長期間土壌に挿入できます。 耐久性のあるケーブルにより、安定したデータ転送が保証されます。

プラグには、マイクロUSBとオーディオプラグの2つのバージョンがあります。 マイクロUSBポートは当社のセンシングデバイスWS1Proに適しており、オーディオプラグはGS1デバイス用に設計されています。

測定値はデバイスに転送され、大きなLCD画面に表示され、ネットワークを介してプラットフォームに同期されます。 そのため、画面上で即座にデータにアクセスしたり、アプリやWebコンソールを介してリモートでデータを表示したりできます。

アプリの湿度測定値は、相対湿度と絶対湿度の間で切り替えることができます。 Webコンソールで表示を構成できます。

アプリケーションの説明

一度だけ使用する場合:

鋼製プローブポイントを土壌に対して垂直に希望の深さに挿入します。プローブが揺れる場合は、プローブをしっかりと保持してください。プローブを損傷するため、石やその他の硬い物体には触れないでください。センサーが正常に動作するまで約20分待ちます。

長い間土に埋もれていた:

温室の地面や土に直径20cm以上の穴を掘ります。鋼製プローブポイントを水平方向に土壌に挿入します。プローブを土壌に残しておくと、データをリモートで取得できます。

湿度測定値について:

すべての土壌プローブは工場で校正されています。データポイントを含む校正は、プローブを空中に置いて最小値0%に到達させ、純水を配置して最大値100%に到達させることによって実行されます。非常に湿った土壌の場合、土壌の種類にもよりますが、読み取り値は約30%になると予想されます。土壌が浸水すると、プローブを純水に浸す状況に非常に近いため、読み取り値が30%〜35%から100%の値にジャンプする可能性があることに注意してください。

ご注意ください:

WS1Proデバイスの外部センサーはデフォルトで無効になっています。プローブをデバイスに挿入した後、アプリまたはコンソールの[設定]ページで有効にしてください。この場合、外部プローブからの読み取り値はアクセス可能です。ボタン「RS485S」はこの土壌プローブを指します。 GS1デバイスはこの操作を必要としません。

警告:プローブポイントは非常に鋭いです。使用するときは注意し、子供から遠ざけてください。

 

追加情報

重さ 0.2 kg
仕様

WS1 Pro(マイクロUSB)用, GS1デバイス(オーディオプラグ)用

仕様

スチールポイント    80mm

ケーブル   300cm

材質   ABS

コネクタ   マイクロUSB&オーディオプラグ

電源範囲  DC5V〜12V

条件範囲  -40°C〜 + 85°C(-40°F〜 + 185°F)0〜100%RH

保管温度範囲  -40°C〜 + 85°C(-40°F〜 + 185°F)

精度  ±0.5°C

出力インターフェース  RS485

通信プロトコル   Modbus

レビュー

レビューはまだありません。

“土壌温湿度センサー” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です