外部プローブを接続して空気の質を確認

¥9,800

  • UbibotGS1デバイスと一致します
  • 測定値はGS1画面に表示できます
  • アプリまたはWebコンソールを介したリモートアクセス
  • 複数のアラートモードにより、測定値が正常範囲を超えたときに通知されます
商品コード: UBIBOT EXTERNAL CO2 PROBE 商品カテゴリー: ,

説明

このプローブは、Ubibotが自社開発した二酸化炭素プローブです。産業用センサーを使用すると、±10%の精度で0〜10000ppmの範囲のCO2を測定できます。

多くのシナリオでは、CO2は家庭、温室、実験室などの負の役割を果たします。CO2が私たちの健康、植物の成長、または実験室の室内空気の質に悪影響を与えるのを防ぐために、このプローブが通知する必要があります。

GS1-AL4G、GS1-AETHなどのGS1シリーズのデバイスに接続する必要があります。このプローブを使用すると、読み取り値を常に監視する必要がありません。すべてのデータ長期のは、プラットフォームに保存して、アプリとWebコンソールからアクセスできます。カスタムアラートは、アプリの通知、電子メール、SMSテキスト、音声通話、IFTTTなどを介して突然の変化や極端な状態を通知します。

GS1デバイスと統合することで、他のプラットフォーム機能にもCO2データにアクセスできるようになります。当社のプラットフォームはIFTTT(この場合)と連携し、ファン、換気システムなどの他の電子機器との自動化をサポートします。

無料のデータエクスポート、長期保存、データ転送はすべて、CO2データ、実際にはシステム上のすべてのデータにアクセスできます。

GS1シリーズデバイスはここにあります:

-UbiBotGS1-AETH1RS。

-UbiBot GS1-AL4G1RS

-オンボードポートスプリッター。このスプリッターは、GS1デバイスに一度に複数の外部プローブを確実に接続できます。

 

追加情報

重さ 0.1 kg

仕様

ケーブル=300cm

コネクタ=オーディオプラグ

電源範囲=DC5 V〜12 V

監視範囲=0〜10000ppm

精度=±(30ppm + 3%)

分解能=0.1ppm

プローブのサイズ=65 * 46 * 29mm

ボーレート=1200ビット/秒、2400ビット/秒、4800ビット/秒、9600ビット/秒、19200ビット/秒(オプション)

電流=20mA

通信プロトコル=MODBUSRTU

出力インターフェース=RS485

通信アドレス=0xC7

レビュー

レビューはまだありません。

“外部プローブを接続して空気の質を確認” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です